スーパーπ
2007.08.19 Sunday 23:00


『スーパーπ』と言うソフトがある。
単純に、CPUの速度のみを計る手段として、昔よく使った。

付属のドキュメントには、

実行時間は、CPUの速度やメモリ容量、ハードディスクのアクセス速度により大きく変わります。Pentium 90MHzでメモリが十分にあれば、100万桁を40分、200万桁を1時間30分、400万桁を3時間40分ほどで計算できます。

とある。
十年一昔とは良く言ったモノだ…

7〜8年前。
Pentium2やAthlon Thunderbirdの全盛期。
市販のCPUのクロックは大体500MHz前後だった。
ソレを今では当たり前になりつつある水冷システムで冷やし…
あるいは防水処置を施し小型冷蔵庫の中でマシンを組んだり(笑)
とにかく冷やして電圧を上げ、オーバークロックの限界に挑戦していた。
定格の倍以上の速度で動かすこともしばしば…(^^;

そんなに手間隙と金をかけて、スーパーπ104万桁は1分30秒程だった。
1分を切るのは夢、と言われていた時代…


定格で普通に動かしたPentium4 2.60GHzは、57秒だった(笑)
メインマシンに至っては20秒程で終了。
時の流れは…(^^;
| あるふぁ☆ | パソコン | comments(0) | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Search
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Recommend
Skype Me™!

Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
Profile
このページの更新をメールでお知らせ
Category
Archive
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM